人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

新年早々自分のブログの方向性について悩む。このブログは一般的なカテゴリでは無い。

 

児ポブログとして一定程度認識されるようになった

 

このブログも良いのか悪いのか児童ポルノ犯罪のサイトとして一定程度認知されるようになってきました。グーグル先生で試してみると児童ポルノ関連のキーワードで検索するとある程度上位に表示されるようになっていました。

それが良い事なのか悪い事なのか・・・。

 

ブログ自体は私の過去の経験やこれからどう立ち直っていくかを日記のような形でつけていこうと思っていたんですが、上記のように児ポ関連の検索で来ている人達にとって、この「私の日常のできごと」なんてはっきりいってどうでもいい内容の記事なんじゃないかと思えてブログの方向性に悩んでいます。

 

そんな大げさな悩みじゃないんですが、やっぱりグーグルの検索経由で来ている人のほとんどは児ポ捜査の過程や最近の動向を知りたいんだと思います。

 

気が弱い私はどうしてもそれに応えなきゃないんじゃないだろうかと思ってしまうわけです。

 

昨年で児ポDVDショップ関連の捜査は一段落ついたように感じます。

 

今年は今問題となっている自撮り画像や動画の送信関連で検挙がさらに増えていくんじゃないかと思われます。

 

ニュースなんかを見ていても子供に成りすまして画像や動画を送信させる事件がけっこう多いなと印象を受けますし、親のセキュリティ意識も年々高まってくるでしょうから通報から捜査に発展する可能性は高くなる一方だと思います。

 

15年くらい前の状況を振り返る

 

思えば15年くらい前は援助交際の動画が流行し、ヤフオクで普通に販売されたり共有アップローダーに上げられたり、または販売するサイトも普通にあった時代でした。

 

その当時は、これから先きっとどんどん児ポ関連の動画がネット上に溢れていくんだろうなと思っていたのですが、現代になってみると規制が非常に有効に作用し15年前のような無法地帯ではなくなっています。

 

当時の流れでは年々新作が増えていってシリーズも増えていたのに、未だにその頃の作品がメインとなっている所から見ても児童ポルノ単純所持規制はさらに有効に作用する事になるでしょう。

 

昨年ほぼ実名報道といっていい某マンガ家が捕まったように単純所持での逮捕はその罪や罰金額以上に重い社会的制裁が待っているからです。

 

 

と、そんなこんなで児ポ関連の記事を見に来ている人達が多いのに、私の鬱病の治療報告や就職活動なんか書いても需要が無いでしょう・・・。

 

前科ニートの日常なんてみんな興味が無い

 

需要が無いだろうけど更新する事も特に無いので、やっぱり普段のニートの日常なんかしか書くことができない・・・。

 

そんな悩みが今のところあります。

 

他人の児ポ逮捕のニュースを取り上げて解説してもいいんですが何だかそれをやる事に罪悪感や抵抗感を感じるようになってきているってのもあります。

 

私が記事にすることで、いくら匿名で記事にしたとしてもわかる人にはわかってしまう事に変わりはないんですから・・・。

 

今年のブログの方向性としては

 

・児ポ逮捕の経験や現状についての記事

・逮捕後更生していくまでの私の生活

・前科ニートの就職活動

 

こんなところになっていくだろうと思います。

 

やっぱりメインコンテンツとして児ポ逮捕関連は更新していかなければならない。それがこのブログのメインコンテンツとして認識されている以上、切り離せない運命だと思って諦めるしかありません。

 

ブログ立ち上げ当初から書いてきた自分の経験を、あんまり振り返りたくは無いんですが、しっかりと向き合ってこれからも更新していこうと思います。