人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)での逮捕が増えている。実名報道の分岐点

スマホで裸の写真や動画を撮らせて送ってもらう。

もしくは裸の写真や動画を交換しあったりする。

 

そんな経験をしたことのある人もいるんじゃないでしょうか。

 

相手が未成年だった場合「児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)」の罪に問われます。量刑は罰金30万円から50万円程度だと思います。

 

しかしこんなよくありそうで単純な犯罪でもほとんどのケースでは逮捕されてしまう可能性が高いようです。

逮捕されると気になるのが実名報道

地元紙などの新聞はほぼ100%実名報道されると思って間違いないでしょう。

 

さらに気になるのはネットニュースになるのかどうか。

ネットニュースになるといわゆる「デジタルタトゥー」等と言われるように半永久的に残ってしまします。

 

昨今のマスコミ業界ではほとんどネットニュースになる際は名前は載らない傾向が高いようです。「男」とだけ表示される場合が多いようです。

しかし勤務先が載るケースは多くあります。

 

公務員、大手企業の場合は勤務先が載ると考えていたほうが良いでしょう。

 

そして公務員の場合、教師だった場合はネットニュースでも実名報道される可能性が高いです。

ネット界隈で教師の淫行や援助交際児ポ関連犯罪が目立つ理由として実名報道されるケースが多いから目立ってしまうと言えます。まぁ教師の犯罪自体もしかしたら実際多いのかもしれませんが。

 

たった一枚裸の写真を交換しただけで自分の名前や勤務先がネットに永久に残ってしまうなんて恐ろしいですね。

 

警察で逮捕する理由は身柄拘束により画像や動画を流出させないためと言われています。

こればっかりはいくら反省した態度を見せても、実際に流出させていなくても無理なようです。

 

逮捕後流出はさせない旨の誓約書を弁護士を通して提出する事により勾留されないで済む事はあります。

私の場合は逮捕2日目に検察へ行ってその後裁判所へ行ったときに誓約書を出して保釈されました。

逮捕ばかりは先に誓約書をだしていようが止められないようです。警察の検挙率や被害者からの強い要望もあり面子的にも逮捕しなければならないようです。

 

被害届が出るかどうかは児ポ被害者の子と親との関係が一番問題となってきます。

未成熟な子供の場合は画像や動画を送ってから拡散されないか不安になり親に相談してしまう事が多いようです。

逆に性的に成熟している子だった場合、例えば既に年上の彼氏と付き合っていたり、バイトをして成人と触れ合う機会が多い様な子だったり、又は援助交際に慣れていたり等といった子の場合はそんな事をいちいち親に報告する事はありません。

私の経験上そういった子は高校を卒業するとキャバクラへ勤めたり、すぐに結婚したりといったように生活力が高い子や自立心が強い子が多いです。

 

性に興味があるけれどまじめな子で親の管理下に常に置かれているような子はすぐに親に見透かされて被害を相談するような事があるように感じます。

 

10年、20年前に比べて安易に画像や動画が拡散できるようになった今の時代だからこその問題とも言えます。

一昔前であれば動画をアップするのなんて容量の関係からなかなか難しかったのですから。

 

ともあれ相手が未成年であろうがなかろうが裸の画像を送らせる事や動画を撮らせるような事は後々色々なトラブルに発展する可能性が高いので止めるべきですね。