人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

しばらく間が開いた自己破産手続きについて

さて、失業からの自己破産手続きの方ですが動きがありました。

 

債権者からの書類がほとんど揃ったようなので、(契約書やこれまでの返済履歴など)今度は私の方で書類を揃えて持って来いと弁護士に言われました。

 

一番大変だったのは通帳の履歴2年分のコピー。

メインの給料振込だった銀行以外にも複数の口座やギャンブルに使っていたネット銀行の口座も持っていた為履歴が揃うのかどうか心配でした。

 

案の定一カ所の銀行の通帳は「未記帳まとめ」となっていてしばらく記帳していない分がまとめられていました・・・。

 

メインの銀行はなんとか過去の通帳も残っていて、4冊分で2年間分がありました。量が多いので深夜2時頃コンビニにいって黙々とコピーを取りました。

昼間にコピー機を独占しているとなんか人目について嫌だったので…。

 

「未記帳まとめ」になっていた分は銀行に行って相談したら無料でその期間分の明細書を出してくれました。

なんか後ろでゴニョゴニョと行員の人達がもめてて20分くらい待たせられましたが無事貰う事が出来ました。もしかして怪しい振込の入出金が多い為怪しまれたのかな。正確にはギャンブルに使うネット銀行に振り込んだりネット銀行からのトンネル口座として利用していたから変に思われたのかも。

こちらの気にしすぎかもしれませんが。

 

というか、やはり事件があって以降周りの目が気になって気になって仕様が無い。

 

やっぱり悪いことはやらないってのは当たり前ですが本当に需要な事ですね。

自分の人生を振り返って一生ついて回る後ろめたさは消える事がありません。

 

例え再就職できて仲間と打ち解けあえたとしても誰にも言えない秘密を背負って生きていくのはつらい・・・。

 

話は変わってしまいましたが他に自己破産関係で揃える書類が住民票や戸籍謄本、不動産の謄本などでした。

法務局に行ってよくわからない機械を操作したぶん住所と一緒だろうと思って入力したら住所地と地番が同じで運良く一発で謄本を取る事ができました。

 

不動産は親名義になっているので今回の自己破産で没収される事はありませんが、一応確認のために必要だそうです。

 

あとは市役所へ行って住民票と戸籍謄本をとってきました。

自動発行機で住民票を取ったのですが、戸籍謄本は暗証番号を2種類入力しないと取れませんでした。案の定2つめの暗証番号なんて覚えて無くて何回か入力したら使えなくなってしまいました・・・。悲しい。

 

仕方なく窓口へ並んで戸籍謄本だけ発行してもらいました。

 

聞くの忘れましたがこの自動発行機で使えるカードは今後使えなくなってしまったのだろうか・・・。

 

そんな感じで必要書類を揃えましたが一番大変だったのはやっぱり通帳のコピーでしたかね。自己破産を考えている人は手元にこれまでの通帳がちゃんと揃っているか確認した方がいいですよ!

 

最近休職期間が長引いてるせいか精神的にかなり不安定になってしまっています。最初は人生の夏休みだ!なんて余裕ぶっこいてましたけど先立つものが無いと不安ですね・・・。

この漠然とした不安はきっと私だけじゃなく求職活動中の人やニートの人、就職活動がうまくいかない学生とかいろんな人が抱えてる気持ちなんじゃないかなと思います。

 

さて、この不安感が取り除かれるのか効果が未だ実感できない薬を飲んで今日はこの辺で。