人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

署内の留置場からよく脱走する気になったもんだと感じた話

大阪府警富田林署で12日午後、署内の留置場で勾留されていた男が脱走した事件で、男が弁護士と接見した面会室につながる前室には、当時署員がだれもいなかったことが13日、同署への取材で分かった。面会室のアクリル板は、片側が枠から外れていたことも判明。板の隙間をすり抜けて前室から署内に出て、裏口から逃げ出した可能性が高い。

 脱走したのは、強制性交未遂などの容疑で逮捕された住所不定、無職、容疑者容疑者(30)=別の強制性交罪などで起訴済み。府警が加重逃走容疑で行方を追っている。

 同署によると、面会室につながる前室には午後5時45分まで署員が常駐しているが、同時間帯以降は一般人の接見はなく、弁護士しか来ないため、署員は前室に詰めなくていいことになっている。

 容疑者と弁護士との接見はこの日午後7時半から始まっており、前室に署員はいなかった。弁護士には面会が終われば知らせてほしいと頼んでいたが、そのまま帰ってしまっていたという。

 面会室のアクリル板は通常、金属製のサッシの枠内に収まっているが、片側が外れた状態になっていた。板を押せば数十センチの隙間ができることから、容疑者がその隙間から面会者側のスペースに抜け出し、前室を通って脱走したとみられる。

 

私の時も夜7時くらいに弁護士が来ましたが後ろの通路に警察官がいるだけで中には入ってきていませんでしたね。確かに弁護士との面会の時に弁護士が先に帰ってからアクリル板をぶっ壊して脱走できなくもないけど…。

 

ていうか普通面会が終われば弁護士も終わった旨警察に報告しなきゃならないんだからダメでしょと…。

 

容疑者も脱走したところで罪が重くなるだけなのに。でも大体犯罪を犯す人たちはリスクを好む傾向にあるので逃げても捕まって罪が重くなるかもしれないと多少思っていてもやってしまうんですよね。

ともかく警察はとんだ大失態をやらかしてしまいました。罪が罪だけに近隣の住民も不安で仕方ないでしょう…。