人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

山口メンバーも同じ気持ちだったんだ。死にたいと思う双極性障害と犯罪(リスクライフ)

女性自身より

 

「山口さんの病室は、2LDK。家具もなくガランとした殺風景な部屋ですごしています。そんななか、時折つぶやくそうです。『早く、死にたい』と……。あまりに悲痛な声で訴えるため、今は病院のスタッフが3人ほどついて交代で見張っているそうです」(山口の知人)

未成年女性への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった元TOKIO山口達也(46)。あれから3カ月。現在は東京近郊にある心療内科専門病院で療養生活を送っているが、死をほのめかすほど危険な状態にあるというのだ。一部報道によると、山口が治療している病名は双極性障害。いわゆる“躁うつ病”だという。

「普段は、本当に手が掛からない状態だそうです。ただ時々思い出したように『俺なんか、このまま生きていてもしょうがない』と漏らすそうで。別の日には壁に向かって何やら考えごとをした後、感情豊かに笑っていたこともあったと聞きました」(前出・山口の知人)

あの快活だった山口とは思えないほどの“激変”ぶり。ジャニーズ事務所時代とのギャップに打ちのめされるようで、こんな“未練”を漏らすことも。

「山口さんは『あのころは良かったな。楽しかった……』と話すそうです。特によく出てくるのは、ジャニーズ事務所の先輩だった近藤真彦さん(54)の話。『マッチさんには、本当に可愛がってもらった。何もわからない僕に、芸能界のイロハを手取り足取り教えてくれた。今でもすごく感謝している……』と漏らしているそうです」(前出・山口の知人)

 

私も全く同じような症状で悩んだ時期がありました。本当に死にたいと思ったし、家族も仕事もすべて失って生きている意味なんか無いなと思った時期もありました。というか今も時々思います。

 

あのころは良かったなと思い返すこともいっぱいありますし、昔のお爺さんやお婆さんが生きていたころ(自分が中学生か高校生くらいの頃)の事を思い出しては何でこんな人生になってしまったのかひどく悔やむことがしばしばありました。

 

これらは一時期本当にひどく辛い時期がありましたが、投薬治療の効果なのか、時間が解決してくれたのか段々と改善されてきました。でもたまに出てくるときがあるんです。

 

何もしたくなくなって、何で生きているのか、これから生きてたって本当にしょうがないんじゃないか常に自問自答しているような自分がいます。なるべくそういう事を考えないようにして生きていきたいんですが、ふと自分でも抑えられずそんな感情が出てくるときがあるんです。

 

 

自分自身でも疑問に思っているのが、双極性障害が犯罪の理由の一因となってしまったのか、それとも犯罪によって(山口さんの場合は報道など)双極性障害になった、もしくは症状がひどく出てくるようになったのかがわからない事です。

 

私自身の感覚としては、山口さんは本当に仕事をがんばってたんだと思うし、それはテレビのダッシュ村なんかを見てると真剣に物事に打ち込む姿勢なんかは嘘や作ったキャラではなくて本当の本人の姿なんだと思います。

それと同じように裏の顔もあってストレスのようなものの発散の仕方が上手くできなかった、自分を抑える力がちょっと足りなかった、リスクがある生き方を望んで進んでしまうような傾向にある等の原因により犯行に走ってしまったのかなと自分と重ねて思いました。

 

私も山口さんも仕事をまじめに一生懸命にしていただけに、仲間や後輩などから「なんであの人が」って思われるのが辛くて今の状態になっているのだと思います。双極性障害は自分自身の理想を高く求める傾向にあります。

「こんな自分になりたいな」そういった自分に近づき、がんばってきた事と同時に、「リスクを求めてしまう自分」も同居しています。そのバランスが崩れてしまった時に一気に双極性障害の重い症状が出てくるのかなと自分の体験から思いました。

 

なんか変な文章になってしまいました。

今頭の中で整理しながら文章を書くことが難しい状況なので今日は以上です。