人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

5年前の児童ポルノ厳罰化で児ポ動画販売サイトが一斉に消えた理由【デジテンツ】

 

これは5年前の児童ポルノ厳罰化への流れの中で閣僚会議の中の資料の一つになります。②の影響によって当時流行していたサイト、名前忘れちゃいましたがピーチボム?でしたっけ。等の今でいうデジテンツのようなサイトが一斉に閉鎖、または児童ポルノ動画を一斉削除して普通のエロ動画だけになってしまいました。

 

当時は単純所持の罰則が無かったため購入者は特にお咎めなしだったと思います。

 

以下がその資料内容です。

 

児童ポルノ事犯の取締りの強化

① 悪質な児童ポルノ事犯の徹底検挙
サイバーパトロールを推進し、インターネット・ホットラインセンター及び匿名通報ダイヤルからの各種情報の積極的な活用を図り、都道府県警察間の合・共同捜査を積極的に推進するなどして、引き続き低年齢児童ポルノ愛好者グループによる事犯やファイル共有ソフト利用事犯等に重点を置いた捜査を強化し、悪質な児童ポルノ事犯の検挙の徹底を図る。(警察庁

② 悪質な関連事業者に対する責任追及の強化児童ポルノの提供等に加担しているサイト管理者、サーバー管理者といった悪質な関連事業者について、当該関連事業者に対する指導・警告を徹底し、風営適正化法に基づき当該サーバー管理者等に対して勧告を行うほか、刑事責任の追及を図るなど、悪質な関連事業者に対する責任追及を強化する。(警察庁

児童ポルノ関連事犯に対する厳正な対応児童ポルノ関連事犯に対しては、国外犯規定を含め、児童買春・児童ポルノ禁止法等の積極的な適用を通じて、厳正な科刑の実現に努める。(法務省

児童ポルノ事犯に関する捜査能力等の向上警察庁において、平成 22 年以降、検挙件数が急増し、かつ、使用されるソフトが多様化しているファイル共有ソフト利用事犯を含む児童ポルノ事犯に対する捜査能力の向上を図るため、引き続き児童ポルノ事犯捜査に特化した教養を実施するほか、児童ポルノ事犯の分析や捜査のために必要な資機材の整備等を行う。
警察庁

 

 こういった流れの中でデジテンツを作ったのには勇気があったでしょうが、やはり管理責任を問われて閉鎖に至ったのでしょう。

児童ポルノを一斉排除して戻る可能性もありますが、投稿サイトという事で管理が難しいと思います。普通のアダルト動画販売サイト(DMM)等と同じような形態でしか動画販売は難しいのかなと思いました。