人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

TOKIO山口達也は強姦寸前だった?何故捜査資料がマスコミに漏れるのか徹底解析

 

捜査関係者=警察とマスコミ(新聞と週刊誌)の癒着は本当に酷い。

 

わたしの場合も警察は絶対に詳細をマスコミに話さないと警察担当者は言っていたがまったく嘘だった。

なんだなんだ新聞欄に書かれている「捜査関係者の話によると」って(笑)

お前らしっかりと新聞社に捜査の詳細を話してるじゃねーか(怒) 

 

一応警察発表は署長がやることになっているが、それとは別に担当部署(刑事課、生活安全課)に出入りしていたり、個人的に連絡を取ってる記者軍団がいる。

警察発表された以外の事を調べる為だ。

わたしの場合は事前にこういう事件で逮捕する予定というような事をマスコミに流していたらしい。そのため朝逮捕されるとお昼にはマスコミが裏付け捜査に動いていた。

早すぎるだろ動きが。

逮捕したら連絡してねとでも言ってたんじゃないかとさえ疑ってしまう。

 

もちろん事件の核心に迫る様な事、特に被害者の特定に繋がるようなことは言わない。

しかし、暗に私の職場がわかるように誘導したりはしているようだ。

しかも職場が比較的有名だったため新聞の良いネタになると思って事前にリークしていたんだろう。畜生。 

 

報道のあり方とは、要するにすべては警察は言わないが、後は新聞社が直接被疑者の会社へ連絡して本当かどうか探ってみたらというニュアンスである。

そうする事によってマスコミの独自取材により情報GETというあらすじができあがる。

 

今回の山口事件も警察の動きがすこぶる怪しい。

調書の内容を一部リークしている署員が絶対にいるはずだ。

もちろん被害者特定以外のことについてである。

 

例えば最近報道された以下の文章

 

「“1人で行ったら絶対に強姦される”と危険な空気を察知して、知人の少女に頼み込み、何とか付いてきてもらうことにしたんです」(捜査関係者)

 

こういった事は被害者が被害届を出す際に調書に認める文章である。

おそらく被害届を受理する際にはヤラれそうになった!助けて!という感じで駆け込んだんだろう。

 

ただ芸能人の家に遊びに行って「酔ってたみたいでキスされたんですよー」だけであれば警察からの注意はあるかもしれないが被害届の受理には絶対にならない。

被害届を受理するという事は警察にとってはとても重い事なのである。

受理したという事実に何か隠された真実があるのだろうとは薄々感じていた。

 

また、以下の詳細についてもリークがあったようだ。

 

「山口が被害女性に近づき、キスをしようとしたのです。彼女は嫌がって顔を背けるんだけど、その際、山口の唇が彼女の頬に触れた。それをきっかけに山口は顔面を舐めまわし、さらに腕や腰、胸に触り、ソファに押し倒そうとしました。その間、“やらせろ”とか卑猥な言葉を投げ続けエスカレートしていたから、強姦寸前でした」(同)

 

警察では被害届を受理した際、その場の出来事を事細かく被害者の調書にまとめる。これは大変な事件だと判断した上で山口を任意聴取したに違いない。

 

ただ、彼はレギュラー番組を多数抱えており、クリーンなイメージを持つタレントであるため誤認逮捕は許されない。

証拠が被害者の供述だけであったため逮捕に踏み切れなかったのであろう。

 

上記のリークは被害者からこんな事実が出ているにも関わらず不起訴となってしまったことへの警察の憤りが感じられる。

被害届を取り下げてしまった段階で被害者の供述調書は無意味なものになってしまったのだ。

 

せっかく被害者のために警察が動いていたのに、最初は強姦されそうになったといっておきながら「やっぱり同意の上でしたし自分にも落ち度があったんで強姦とかじゃないです」って開き直られてしまったのだ。

 

これは警察もさぞ悔しかっただろう。それで懇意のマスコミに一つのストーリーをリークしたと考えられる。

 

今回の事件のように警察とマスコミの動き次第でその人の人生が大きく変わってしまう。

ここ数年のマスコミがマスゴミといわれる所以はこのへんの忖度具合によるところも大きい。