人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

山口メンバーが起訴猶予処分にて不起訴

さすが芸能人だけ会って検察の処分も早いですね。

検察での取調べはおそらく記者会見の前だったのでしょうか。

 

 検察での取調べの際に、不起訴となるか起訴するか、私の場合などは罰金刑とするかはもうほぼ決めてあります。私が検察で取調べを受けた際にはすでに略式処分(罰金刑)用の書類も準備されていて、罰金刑で異議なしの場合は署名捺印してくださいといわれました。

 

 おそらく、マスコミ発表前に検察での取調べを受けて、不起訴の方向でいく旨を弁護士も確認し(弁護士はおおまかな方向性を検察に聞いたりもする)記者会見を開いたのだと思います。

 

 それにしても在宅事件は通常時間がかかる事が多いのですが、最近の傾向として被害者が自動である場合はかなり早めに処理しているように感じます。

 

 今回起訴猶予となったことの理由を想像すると、示談が済んでいることがまず一番ですが、病院での治療を受けていることやマスコミ報道等で社会的制裁も受けている事も考えられるでしょう。強制わいせつ罪自体に略式の罰金刑がないため、懲役刑となる事が重過ぎるというのもあるでしょう。

 これが児童ポルノ法での書類送検であれば示談が済んでいても罰金刑となっていた可能性もあります。罰金刑であれば前科扱いです。

 

 今回山口メンバーは逮捕による身柄拘束も無く、起訴猶予処分ではあるものの不起訴となったことにより前科前歴は無い真っ白な状態で捜査を終えることができました。

 マスコミ報道さえ無ければ何事も無く終わっていた事を考えると、事務所や弁護士サイドとしてもなんとか隠し通したかったのだと思います。