人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

人生やり直すために一息つきたい。そんな時に読んだ本8選(マンガ・小説)

 人生をやり直すのにこれから再就職やら資格取得やら、はたまた役所関係の手続きやらでやることが多い。しかし生きていくためにはやらなきゃならない事だらけ。

 いままで色々がんばってきたつもりでもあるので一息つくために漫画喫茶でマンガを読みまくったり家で小説を読んだりする生活をしばらく送ってみたので、面白かった本を紹介します。

 

「暗渠の宿」 西村 賢太

 芥川賞作家の西村賢太の小説。私小説(自分の事を題材にして書いてる)なので大体同じような本が多いのだが、今の自分と重なるようでダメ人間っぽいとこや捻くれてるところに共感を持ちながら読める。

 とくにこれからがんばろうとかそういう話ではないので、普通の人が読んだらめんどくさい奴だと思ってしまうのかもしれない。

 

暗渠の宿 (新潮文庫)

暗渠の宿 (新潮文庫)

 

 

 

苦役列車」 西村 賢太

 芥川賞を取った小説。同じく私小説なのだが若いころ(10代前半)の話。私のように30代になってから地獄を見るのではなく、10代の頃からの壮絶な苦労や人間的な背景を形成してしまった過去がわかる。

 こんに苦労してるんだから俺もがんばらなきゃという感情が湧く。

 

苦役列車 (新潮文庫)

苦役列車 (新潮文庫)

 

 

「破獄」 吉村 昭

 昭和に実在した脱獄事件の話。ゴールデンカムイの白石由竹のモデルとなった人の話。囚人となって脱獄を繰り返すも、最後は模範囚となり社会生活も送った主人公を見ながら人生ってやり直せるんだなと思った。

破獄 (新潮文庫)

破獄 (新潮文庫)

 

 

 

「描かないマンガ家」 えりちん

 マンガの専門学校に通う20代半ばの青年の話。みんながそれなりに生きていく中で不安になっていく主人公。私が現在無職だからか読んでいると安心してしまう。

描かないマンガ家【期間限定無料版】 1 (ジェッツコミックス)
 

 

 

「響 小説家になる方法」柳本 光晴

 描かないマンガ家を読んだら今度は小説家になるマンガを読んでみたくなった。こちらは主人公が女子高生であるが、登場人物に30代でアルバイトをしながら小説家を目指したり挫折したりする人たちも出てくる。そういった登場人物を見ているとサラリーマンで一生過ごす人生もあれば世の中人それぞれなんだよなといった感情が出てきて頑張ろうと思える。

 

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)

 

 

 

アゴなしゲンとオレ物語」 平本 アキラ

 人気漫画「監獄学園」の作者の前の作品。ダメ人間の見本でもあるゲンさんを見て心を落ち着かせる作品。初期は絵が汚いが監獄学園のように途中から画力が物凄くアップする。女性の描写も別人が書いてるんじゃないかと思うほど綺麗。しかしそれよりも絵が汚いころから内容にこだわりが感じられるのでとても面白い。後期は中身と絵が合致して秀作。

アゴなしゲンとオレ物語(1) (ヤングマガジンコミックス)

アゴなしゲンとオレ物語(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

「EGメーカー」 西川 宇宙

 エロゲ製作会社の話。なんとなく仕事をしていた時のことを思い出し、こんなかわいい新人いたら楽しかっただろうな等と考えた。

EGメーカー 1 (ジェッツコミックス)

EGメーカー 1 (ジェッツコミックス)

 

 

ゴールデンゴールド」 堀尾 省太

 これは最近の漫画。ゴールデンカムイに似た漫画なのかなと思った。お金が欲しいなーという現在の欲望をそのままマンガにしたもの。ただし単純な欲求だけではなくミステリーな部分があるマンガなので今後も期待して読みたい。お金が全てじゃないけどやはりお金は欲しいと改めて思った。

 

 

またマンガや小説を読んで面白いものがあったら紹介したいと思います。

はやく自分の人生もやり直さねば…