人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

TOKIO山口達也さんの記者会見を見て思ったこと。

2月に事件があって、その1,2ヵ月後から任意の聴取が始まったようです。私の場合と同じですね。おそらくその間に役所へ住民票や戸籍の照会もあったでしょうから、本籍のある役所には強制わいせつに関わる捜査紹介状みたいなのが郵送で届いて担当者はびっくりしていたでしょう。もちろんそういった中身は極秘扱いなので担当部署以外には漏れていないと思います。

そういった裏付け捜査や被害者からの調書をつくって、通話履歴を取り寄せたり保護者や被害者の写真撮影なんかもしたりして捜査資料をつくっていったのでしょう。そしてある程度事件として起訴できると踏んだ上で任意同行を求めたのだと思います。

この間、被害者は何回か警察に呼ばれて大変だったと思います。

 

また、警察として示談の可能性があることを認識して捜査してたみたいですね。私の場合は保護者の処罰意識が強く絶対会ったり連絡先や素性を教えたくないって意識が強かったため弁護士が一生懸命検察や警察にお願いしても示談の取次ぎはやってくれませんでした。

もしかしたらジャニース事務所レベルであれば相手側の思いなんか関係なく接触を図って強引に示談に持ち込んだのかなという認識でしたが違うようですね。会見の内容からすると警察から当事者同士(本人や保護者じゃなく事務所や弁護士かな)で話し合いの場を設ける許可が出ているようです。

警察の許可なく相手と交渉すると証拠隠滅の可能性(相手を脅したりして被害届を取り下げさせたり事実関係を話さないようにさせる)があるため厳重に処分されることもあるそうです。

 

示談についての詳しい説明は弁護士によって遮られましたが、示談にもたくさんの種類があるのでもしかしたら今回の件は示談といっても完全に許すといった中身ではないのかもしれません。警察として検察へ処罰の方向について厳重処分してほしい旨の意見書があったとの報道なので、慰謝料を貰ってジャニーズ事務所から言われたような手紙は書くけれども娘にされた事は許せないので刑事罰はしっかり与えてほしいといった内容なのかもしれません。

強制わいせつには罰金刑が無いので、不起訴か執行猶予つきの有罪判決しかないため、不起訴に持ち込むためには相手が慰謝料を受け取ったという事実が重要です。私も相手が慰謝料を受け取ってくれればもしかしたら起訴猶予処分になったのかもしれません。

 

山口メンバーの会見の内容は本当に私が逮捕された当時に思っていたことと同じで、今まで一緒にがんばってきた会社の仲間や友人、これまで支えてくれた人たち全てを裏切ってしまって申し訳ないという思いが伝わってきました。

そしてそういった自分の思いも語りながら被害者に対しても申し訳ないと言っている姿が自分に重なってしまいました。

 

しかし記者の質問は厳しいですね。芸能人だとずっとネットに残るでしょうし、山口さんの子供も一生背負っていかなければならないと思うと胸が苦しくなります。