人生をやり直したい人達へ

逮捕、離婚、自己破産の経験あり。現在は複雑な気持ちでニートとなっています。私の経験が多くの人の正しく生きる材料になればと思いブログを始めました。

その3 家宅捜索③ 鉱脈(やばい箱)みつけられたり!

家宅捜索で自分の部屋を捜索中、よりにもよって私は外付けHDをノートパソコンの隣に置きっぱなしにしてました。

気づいだ時には既に遅く、「あ、これは没収されるな」と思いました。

 

といってもパソコン自体3年位はほとんど使っていない代物です。最近もスマホばっかり使っているのでパソコンを触る機械がかなり減少していました。しかし外付けHDの中には約20年位の長い年月をかけて貯めてきた金鉱が眠っているのです。

 

2000年代初期の流出動画「関◯」「上玉」「廣島」「鬱サポ」みなさんおなじみの定番商品から知る人ぞ知る「VAIO娘」や「箪笥の子」等の画像類、最新だと「トーマス」の流出写真等が数テラ入っていました。

そのほとんどは当時主流だったアップローダーからうp主のパスワードを時限的に教えてもらいその日限りで削除されてしまうといったものでした。

よく「今日の6」とか「今日の8」とかパスワードの隠語が流行っていたと思います。

 

私が気づくとほぼ同時に刑事もパソコンとHDをみつけました。

 

刑事「これにも何か入ってたりする?」

私「かなり昔のダウンロードした動画等が入ってます」

刑事「パソコンとかHDとかUSBとか携帯は押収しなきゃならないから一応この場で確認しますね」

私「わかりました・・・」

 

ということでしばらく使っていないパソコンや外付けHDの電源を探して中身を確認する事に。

この時点でもしかして単純所持でも逮捕されるのかなと不安になってました。

 

パソコンやHDの中身を見た捜査関係者(たぶん刑事とかではなく解析等を専門にやってる人?)が

「いっぱい入ってるねー、でも古いのが多いねー。」

等と言いながらフォルダを次々開いて調べていきます。正直

「こいつなかなか知ってるな・・・」と思いながら見ていました。

「トーマス」の流出写真のとこでは一旦止まり、

「あれ?この子どっかで見たことあるぞ…うーん思い出せないなー。」

なんて言ってたので、私の余罪が増えるのを恐れて

「これは昔事件で殺された子で、犯人が流出した物のようです。」と教えてあげました。なるほど、どうりで見たことあるはずだと納得していました。

 

 

 

かなりショッキングなコレクションですが、やはりこれ系の犯罪は多いようで、捜査関係者からすれば見慣れた物なんだなという反応でした。淡々とフォルダやファイルを開いてチェックしていきます。

保存年月が表示されるのでチェックしている時点でほとんど古いものしか入ってないねと言われました。

 

実はここだけの話けっこう最近保存した物や過去の携帯から移して保存していた画像など(オリジナル)も入っていたのでいつ発見されるんじゃないかとビクビクしていました。

しかし刑事さんが探しているのは数か月前の事件に関する動画や画像が保存されていないかどうかを焦点に探しているようなので、過去のものはあまり気に留めずにチェックしているようでした。 

 

この捜査の際、執拗にウィニーWINMX?って今あるの?等のファイル共有ソフトの使用歴を追求されました。

おそらくこのような児ポは外部に拡散したか自分だけで楽しんでるかによって余罪が大きく違ってくるようで、私の場合は仕事上のファイルが間違って拡散すると非常にまずかったので一切ファイル共有送付とは利用していませんとキッパリと使っていない旨を告げました。

 

当時はやりましたよねファイル交換ソフト

 

家宅捜索は9時頃始まってまだ10時。長い…。